白山 白峰から甚ノ助小屋往復

白山は遠い山でした・・


◆白山(甚ノ助避難小屋)・白山(じんのすけひなんごや)・標高1,970m・石川県◆


                                     2011年11月27日(日) 《Fumiさん 私》


【行動時間 約9時間50分(休憩含む)】
白峰ゲート(5:30)―別当出合(8:00)(8:30)―中飯場(9:20)―甚ノ助避難小屋(12:05)(12:25)―中飯場(13:25)(13:35)―別当出合(14:10)―白峰ゲート(15:20)






3日前に白峰ゲートも閉鎖
白峰から御前峰までは往復距離50km超
白山は限られた極少数の者のみが登頂を許される遠い存在の山となりました
この時期の白山は立ち入ることさえ出来ない縁遠い山、そう思っていました



春から始めたマウンテンバイクがようやく慣れ始めてきた今日このごろ
別当出合までの片道17kmに及ぶ長い坂道も今なら何とか登れるかも
たとえ登頂は出来なくても白山の懐に立ち入ることは出来る・・
一筋の光が見えたわけです
決行の日の天気予報は文句なしの快晴



4時に福井某所でFumiさんと集合したあと白峰に到着したのはちょうど5時
暗闇の中に5台ほど車が駐車してありました
その中には事前連絡のあったあの方の車も・・
肝心なMTBにトラブルが発生したけど
Fumiさんの俊敏な応急処置と気転の素晴らしさで何とか問題はクリア(一時的に・・)
予定より30分ほど遅れたけど
それくらい問題にならないほど出発時間が遅すぎることをこのあと思い知ることになるのです・・


画像



白峰から市ノ瀬までは距離約11km、標高差約340m
特別急なところはないけど緩やかな登りが延々と続きます
慣れない暗闇走行で平衡感覚が少し変
冬山重装備でペダルも少々重いけどお喋りを楽しみつつマイペースで走りました
時間帯的に思ったほど寒くはなかったです



自転車に乗った単独の男性が引き返していきました
その先は前日融けた雪で道路一面ツルツルに凍っていてとても危険な状態
ゆるゆると走ったり押し歩きしたりで凍結箇所を通過
暗闇だとどこを走っているのか見当が付かなかったけど
明るくなってくるといつもの風景が見えて調子が出てきます



市ノ瀬までの約1時間半はそう長くは感じなかったです
ロードバイクに乗った男性が付近をウロウロしていました
(この方はチブリ尾根を登ったようです、トレースは無かったとのこと)
休むことなく市ノ瀬を過ぎ別当出合へ向かいます



市ノ瀬から別当出合までは距離約6km、標高差約430m
ここからが問題の激坂だけど
無理のないよう乗車と押し歩きを何度も繰り返しながらゆっくり登りました
どこまでMTBで進めるかと思っていたけど雪は路肩に残るのみ
長いヒルクライムを終え別当出合に到着し第一関門突破です


画像



自転車の調子の悪いFumiさんは私より10分以上遅れて到着
諸悪条件の下、両足攣らせながらここまで来れたのはFumiさんだから出来たことです
ちょっと長めの休憩を入れたあといよいよ登山開始
付近には私たちのほかに5台のMTBが置いてありました

(カリスマ山スキーヤーH氏&野人さんのMTBと一緒に♪)
画像



鳥居を潜り砂防新道へ向かうため吊橋を渡ります
すでに踏板は取り外され鉄柱のみとなった恐怖の1本吊橋
両側の針金をしっかり握りながら平均台を歩くようにそろりそろり・・
想像していたほど怖くはなかったけど落ちれば重大なことになるので慎重に歩きました
第二関門突破・・


画像



先行者はスキーの跡2、3人分とつぼ足2、3人分
つぼ足の人が引き返したような跡もあり途中からはスキーの跡のみとなりました
つぼ足で登っていた私たちも辛くなりワカンを装着するけど
それも新雪の上ではあまり効果がなくFumiさんと交代でラッセルです


画像



画像



画像



中飯場を過ぎ観光新道方面の景色がよく見えました
快晴予報の今日だけどここは少し高曇り状態です
進んでいくにつれラッセルも深くなり、疲労もどんどん溜まっていき
「どこまで進む?」
「ここで終ろうか・・」
「もうちょっと先まで」
そんな会話が繰り返されるようになってきました
夏道の倍の時間が掛かっています


画像



突然、滑らかな音とともに現れたその方の顔を見てすぐに誰だか判りました
さり気なく挨拶を交わしたあと咄嗟に振り返ってカメラのシャッターを押します
H氏は狭い登山道を華麗に滑り降りていきました

(H氏とFumiさんの交差♪)
画像



そして、その後に続くのは・・
ドキドキしながら待っていると少し先の籔の影に人の気配
「こんにちは~」
顔は見えないけど声で私だと判ってくれました
野人さんと一年ぶりの再会です


画像



野人さんと最初に会ったのも白山です
白山は人と人を結びつけてくれる素敵な山
しばらく談笑したあと力強い滑りの野人さんをお見送りしました
またお会い出来るといいですね

(赤兎山~大長山)
画像



画像



画像



見覚えある木道がある場所
ここから甚ノ助小屋まで夏なら30分ほどだけど今日はどう見込んでも1時間は掛かる・・
相談の結果、1時間後の12時を目途に折り返すことにしました
目論みどおり1時間後、最後は激ラッセルの末、甚ノ助小屋到着


画像



画像



画像



野人さんたちは白峰2時スタートで山頂9時到着
私たちは5時半スタートで6時間半後にまだ甚ノ助小屋
体力に大きな違いがあるにしてもこの差は大き過ぎ
たとえ出発時間を早くしたとしてもつぼ足登山での登頂は不可能に近い・・かも
今日はここまで来れただけでも大満足です


画像



画像



登りで苦労した道も下りは軽快です
寂しいくらいにあっという間に下りて最後は恐怖の1本吊橋
最後じゃなかった、これからファイナルラウンドだ・・


画像



画像



画像



最後はまた17kmの長~いダウンヒルです
下るだけなので疲れはしないけどとにかく寒い
上着を着ても寒い・・ガマンの下りです
Fumiさん、痔になりそうとのこと。。


画像



画像



晩秋の景色を楽しみながら走ってようやくゴールのゲートに到着
長い一日の終わりです
白峰からの白山山頂は遥か彼方でした
でもこれで諦めたわけではなく次はもう少し先まで・・


画像




新たないくつかの目標が出来ました






(画像はFumiさんに頂いたものを含みます)








この記事へのコメント

YAMA
2011年11月29日 05:47
みっちゃん、おはようさんです♪
この時期、白峰から白山は厳しいですね。
それにチャレンジするお二人はすごいです!

この時期はツボ足ではラッセルが厳しいです。
やはり山スキーの威力は素晴らしいですね。
また来年、山スキーで行きましょう(^^)
その時なら、私もご一緒させてね!
お疲れさま~
かばきち
2011年11月29日 07:37
おはようございます。
いやー、吊り橋はスリルありそうですね(汗)。
本格的な雪山に行かなくなって久しいですが、きれいな雪景色は苦労した人にのみ送られる宝物。
次の目標も安全第一で頑張ってくださいませ。
Fumi
2011年11月29日 12:34
お尻はどうにか無事です(TT)

無駄に時間をロスしてしまい、ごめんなさいでした。

やはり、やってみると色んな事が分って
課題も目標もはっきりと見えてきます。
この状況で、
ツボ足日帰り登頂が無理なのはよ~く分りましたが
せめて弥陀ヶ原や室堂から山容を眺めたい!
もう、今すぐ、明日にでもっ(><)
また行きたくて仕方がありません(笑)
仕事に身が入らない(^^;)
しょもも
2011年11月29日 14:39
行っちゃったんですか~、お二人ともスゴイです!!
白峰~別当のMTBに一本橋デビュー、そしてカリスマ先生。
あぁ、みっちゃんが遠い人になってしまった。。
(一本橋だけは自分も経験してますが...笑)

私なんて閉鎖を知った時点で即、断念でしたよ。
ロードバイクより先にMTBが欲しくなります。
かもしかーん
2011年11月29日 18:03
みっちゃんさんはじめまして!
いつも楽しく拝読させて頂いてます!

昨年11月25日に初めて白山登頂しました。
その時は雪が少なく甚之助から上でアイゼン装着した程度で雪もしまってました。
五葉坂はモナカ雪でした。
ゲートも白峰は開いていたので市ノ瀬からバイクだったので今回のみっちゃんさんの山行はかなりハードだったと・・・。

みっちゃんさんの今期白山登頂を僕も山の神様に祈願させて頂きます。

僕も今シーズンはスノーシューで登頂目指します!
2011年11月29日 20:29
お疲れ様でした。
久しぶりの雪景色でウットリしたことでしょう。
あ~羨ましすぎる~。

ツボ足でアタックとはド変態のドMですよ。
それにしてもスキーの機動力は凄いですね!
次はスキーで白山INですよ。

僕の山スキーはいつになったら行けるのでしょうか?
それにしても温かいですね~…
まえべ
2011年11月29日 20:50
はじめまして。
いつも楽しく見させていただいています。

同じ日に荒島岳から真っ白な白山を眺めていました。
まさかそこを登っている人がいるとは驚きでした。

今年こそは装備を備えて冬山へ行きたいです。
野人
2011年11月29日 22:45
みっちゃん、Fumiさん、お疲れ様でした。
みっちゃんの仲間は、ここやYAMADAさんのブログで拝見したお名前「Fumiさん」だったんですね。
自分も帰りの自転車は痔になりそうでしたよ。
ロードで200キロ走る数倍、きつかったです
甚ノ助まで到達できたなら、スキーさえあれば必ず登頂できると思います。


わか
2011年11月29日 22:48
みっちゃん、こんばんは。
お疲れ様でした。凄い、素晴らしい、みっちゃんはどこまで進化し続けるんでしょうか?脱帽です。
2011年11月29日 22:59
YAMAさん、こんばんは♪
山スキーで行こうか随分悩んだんですが、自転車での重量のことがあり今回は止めておきました。自転車のことが一番心配だったんです。けど実際走ってみて何となく雰囲気が分かったので次はスキーを持っていきたいです。浮力も違うし登るのも楽だし、山スキーの良さを改めて知りました。
しっかりゲレンデ練習しておきますから来年よろしくお願いします(*^_^*)♪
2011年11月29日 23:07
かばきちさん、こんばんは♪
まさか私もあの一本橋を渡る物好きになろうとは(笑 周りは見ず、足下の鉄柱に集中しました。雪が乗ってたり濡れていたりしたら怖そう。。私の神経が図太いからか、あまり恐怖感はなかったです(^^)
この日は快晴予報にも関わらず入山していたのはほんの数人。その中で山頂に到達したのはおそらく2~3人だけだったのでは・・。私たちは白山の神様にあっけなく追い返されました(笑
2011年11月29日 23:18
Fumiさん、こんばんは♪
先日は楽しく思い出に残る一日を有難うございました♪今回の山行は今年の山ベスト10に楽々入りそうです(^^)自転車と登山でトライアスロンにでも出てるみたいでした(笑 ひとりならもっと下のところで折れてたと思うのでFumiさんがいてくれてよかったです。
2時頃出発なら弥陀ヶ原までは行けてたでしょうね。まぁ、今回は下見登山ということで(^^)次も下見登山だったりして(笑 でもチャレンジするのは楽しいです。何度でも、見たいものが見えるまで、チャレンジしつづけましょうね♪
2011年11月29日 23:26
しょももさん、こんばんは♪
お先に失礼しました~(^^)でも遠い人ではないです。まだ甚ノ助なので追い越せる範囲内です(笑 今回MTBがあるので挑戦出来るようになりました。たとえ登頂は無理でもやってみたいんですよ。なんでもそう、「やってみたい」だけで何でもやってます(笑
登山に併用するならMTBかなとも思うけど悩むところですね。しょももさんが自転車で真っ暗闇な白山公園線を走る日も近そうです。一緒にチャレンジしましょ~(*^_^*)
りょういち
2011年11月29日 23:32
すごいですねー。
だんだんと、早川先生の域に近づいている様な気がします。

次は、頂上からスキーで一気に滑り降りる予定ですか?
みれ
2011年11月30日 04:25
みっちゃん、お疲れ様でした。
それだけ頑張れば十分ですよ。
とはいえ、きっとFumiさん同様すぐに挑戦したいと
思っているんでしょ(笑)
わかりますよ、自分もきっとそうだろうから・・・
山は気合と根性と、山を愛する気持ち\(^o^)/
春にはきっと白山も暖かく迎えてくれるでしょう。
2011年11月30日 21:46
かもしかーんさん、はじめまして、こんばんは♪
私も以前11月に登ったことがあるのですが、その時の雪は締まってて黒ボコ下でアイゼンでした。今回も同じような状況を想像してたら湿ったパウダーでラッセル状態。時期が同じでも雪質は変わるんですね。気温が少し高かったのでそのせいかも。。
白峰から別当出合に着いた時点ですでにパワー半分くらい減ってるのに、そこからハードな雪山登山ですから、登頂される方の体力は本当に凄いです。これまでの登山の中で一番大変だったかも(^_^;)
でも大変なことは嫌いじゃないのでまたチャレンジします(^^ゞ登頂祈願ありがとうございます(^^)コメントありがとうございました♪
2011年11月30日 21:57
ヒデさん、こんばんは♪
そ、そんな、ド変態のドMだなんて!!・・嬉しい(笑 
やっぱり雪山は静かでよいですね。久しぶりの白山の雪景色でウットリしてきました。雪を踏んだ感触も懐かしかったです♪
白山で滑りたくて始めた山スキーなので。。次に行くときはスキーを持っていきます♪登るのはいくらでも登りますが滑りが(>_<) ヒデさんもすぐにシーズンINですね♪
2011年11月30日 22:09
まえべさん、はじめまして、こんばんは♪
MTBにトラブルがあったので、荒島岳に変更しようかと話てたんですヨ。お会い出来なくて残念です。荒島岳ももう雪が積もっているのでしょうね。
冬山の魅力は何と言っても空の青と雪の白、そして樹氷の美しさですね♪それに冒険的要素も加わって楽しいこと間違いなしです(^^)冬が楽しみですね♪
いつもご覧くださってありがとうございます。コメントもありがとうございました♪
2011年11月30日 22:53
野人さん、こんばんは♪
先日はお会い出来て嬉しかったです♪ゲートで車を見つけたとき「野人さん来てる!」ってすごく感激しました。滑り降りてこられたときH氏には負けない山スキーヤーのオーラがありましたヨ(^^)短い時間でしたがお話出来てよかったです。
スキーで登るのはいくらでも登りますが滑りが・・(-_-;)ゲレンデで練習を積まないといけないです(汗 そしていつか白山のてっぺんから滑ってみたいです(*^_^*)
2011年11月30日 22:55
わかさん、こんばんは♪
やりたいことをやっているだけで進化しているわけではないです(^^)むしろ退化しているのかも?(笑 健康と、こうして山に行ける環境に感謝したいです♪
2011年11月30日 23:17
りょういちさん、こんばんは♪
恥ずかしげもなくH氏と同じことをやってみようとしてますが足下にも及ばないです(^_^;)自分でやってみるとH氏の凄さがよく分かります。
次は頂上から一気に滑って、○○新聞に載せてもらおうっと。(ウソです(^_^;))頂上から一気に・・転がるかも(汗
新しい板、羨ましいです(^^)
2011年11月30日 23:43
みれさん、こんばんは♪
さすがみれさん、似たもの同士は考えてることもよく分かります(^^)みれさんも、白山ワンディに挑戦したくなってる(笑
白峰スタートならゲート閉鎖直後のまだ道路にも雪の無いこのときがチャンスですね。来年の春まで気長に待ちます♪ 
小春号
2011年12月01日 18:45
コチラで、坂ラブのチャリダーさん達の聖地と言われる峠があるんですよ。
12Kmで標高差500mぐらい。 

カラフルなウェアー着て、みんな速そうなんだけど、調子の悪い人や、トレーニング不足の人は、ランナーの私が抜けることもあるんですよ。帰りはシャーって当然置いて行かれますけど、それはそれは寒いらしいですね。

日当たりが悪くて寒いから、お腹がぴ~ひゃらら~(汗
そんな坂を求めてランする私も私ですけど(^^:
のりすけ
2011年12月01日 20:13
読んでるだけで息があがりそうです
ほんとにパワフルですね
みっちゃんのお陰で雪山の絶景と大変さを知ることができました。
冬山も魅力がいっぱいですね、私は低山で楽しみたいです♪
2011年12月02日 07:11
小春号さん、おはようございます♪
私もランの人に抜かれたことあります(笑 「お先に~♪」って爽快に走っていきました。自転車乗る人ってどうしてみんな坂が好きなんでしょうねぇ(-_-;)どこもかしこもドMの人ばっかり(-_-)/~~~~ピシー!
そのうち小春号さんもトレランするんじゃ?(^_^;)自転車の下りはほんと寒いです。おかげで風邪を引いてしまいました。今週末はお天気も悪いことだし少し安静にしてます。。(^^ゞ
2011年12月03日 00:16
のりすけさん、こんばんは♪
雪山の魅力は景色の美しさと、より大変なところにあります(^^)大変な思いをして登ったあとに見る景色だからより美しく見えるのかもしれません。下山は楽ですね、膝に優しい・・♪
誰も歩いていないまっさらな雪面を見るとそこを駆け回りたくなります(笑 低山で霧氷を楽しむのもいいですね♪北陸の長~い冬を過ごすにはこの季節も楽しまないと♪です(^^)
2011年12月06日 15:46
しばらく振りの訪問です。
今年の山行は、10月で封印してしまいました。
白山の雪中登山、拝見してビックリです。
MTBでのアプローチ
鉄柱だけの恐怖の1本吊橋
凄いワイルドですね!
雪山の素晴らしい景色と共に楽しませていただきました。
2011年12月07日 00:40
たそがれ清兵衛さん、こんばんは♪
身近な白山もゲートが二つ閉まってしまうと途端に遠い山になってしまいます。長い距離をMTBを漕ぎ、恐怖の吊橋を渡って辛い雪山登山、大変なことの連続でした。結局途中までしか行けなかったけどでも挑戦出来たことは良かったと思います。また機会を狙って・・(^^)
雪山はコントラストの美しさと冷たい空気に含まれる緊張感がいいですね♪

テーマ別記事

過去ログ