荒島岳

美しい霧氷と緊張の壁越え・・



◆荒島岳・あらしまだけ・福井県・1,524m◆
   



                                        2013年1月12日(土) 《単独》


【行動時間 約6時間45分(休憩含む)】
勝原駐車場(7:10)―登山口(8:00)―しゃくなげ平(10:00)―荒島岳(11:55)(12:00)―駐車場(13:55)





久しぶりの単独行は2年ぶりの荒島岳
地元が誇る百名山を2年もの間放ったらかしにしてしまった
今朝は風が少し強いけど予報どおりの青空
旧ゲレンデのモナカ雪の上をワカンを付けて登っていきます
同じ坂道なのにどうしてゲレンデを登るのはこんなに辛いんだろ
ふと顔を上げると懐かしいあの木が迎えてくれました

(トトロの木)
画像


(白山)
画像


先行者はスキーとスノーシューの4人グループ
やがてグループは休憩のため立ち止まったのでラッセルのお礼を言って追い越させていただきました
「よーし、今度は私が」
妙にやる気満々だったけど、その先にはひとりのスノーシューの跡が(笑

画像


(荒島岳本峰)
画像



画像


ブナの霧氷が綺麗
静かな森をひとり無心で歩く・・幸せな一時
でもたまにガサッと音がしてビビる(笑
雪は深雪のサラサラパウダー
急斜面になるとズリズリとずり落ちてなかなか進めず時間が掛かってしまいました

(しゃくなげ平)
画像



画像


しゃくなげ平では写真だけ撮ってそのまま通過
鞍部の霧氷のトンネルはいつもながら綺麗な場所
スノーシューのトレースは続くけど依然として主の姿は見えません
こちらは休憩もせず追いかけてるというのに(笑

画像


(もちが壁取付地点)
画像


もちが壁取付にて、急斜面で雪と格闘している先行者の姿が見えました
一見何でもないように見えるけど、今回もここが一番の難所
深雪パウダーの急斜面で一度どうしても登れず窮地に陥ってしまったけど、
後から来られた男性が別ルートで登っていったのを見てすかさず後を追い難を逃れました(汗

画像



画像


稜線に上がると山頂まではあとひと頑張り
けどまだ急な登りがあるので安心出来ない・・後ろを振り向かず一気に登る(笑
後続の方が時々雄叫びを上げていました
今日先頭をラッセルしていたらしき方とすれ違い、丁重にラッセルのお礼を言いました

画像



画像



画像



画像



画像


標柱と祠のエビの尻尾が風の強さを物語っています
白山はいつの間にか雲に隠れて見えなくなっていました
体を冷やしたくないのと、午後から天気予報は下り坂のため、
写真だけ撮ったらすぐ下山・・山頂滞在時間僅か5分(笑

(大野盆地)
画像


(小荒島方面)
画像


危険なもちが壁付近は慎重に通過・・雪面がズルズルと崩れ緊張(汗
鞍部まで無事下りたらしゃくなげ平には向かわず谷方面へ下りてショートカット
積雪期ならではのワザですね
再び尾根道に合流したら本日初めての休憩で大福餅を1ヶ食べました
燃費のいいのだけが取り柄(笑

画像



画像


帰りも霧氷を楽しんで、最後はトトロちゃんとお別れ
今日は雪の状態からアイゼンを使用する場面は無かったです
途中撤退の方も何人かいた様子で登頂者は私を含め6名
久しぶりの本格雪山登山でしたが無事山頂を踏めて良かったです

画像



荒島岳はやっぱり雪の季節が一番好きです







この記事へのコメント

Fumi
2013年01月13日 08:04
いいなぁ~(^o^)
霧氷のブナも山頂の景色も素晴らしいですね。やっぱこの時期だけの醍醐味。
私も行きたい!!!
昨日は貴重な好天でしたもんね。
いいなぁ~(TT)
果たして私にはチャンスが巡ってくるのだろうか・・・
あ、その行動時間なら、私なら大福5個は必要かも(^^;)
2013年01月13日 19:39
Fumiさん、こんばんは♪
そうそう、ここの良さはブナの霧氷と山頂の景色ですね。行きたいでしょ(^^)県民なら登っとかないと・・っていうか、いきなり冬ですか(^^; ここは事故も多いので要注意です。
大福5個ね・・やっぱそこですか(^^; 休憩してまた痛い目に遭うと嫌なので今回はず~っと立ちっぱなしでした。膝痛がようやく治ったのか調子良かったです(^^)
2013年01月13日 20:11
こんばんは! 晴れた冬の荒島岳 とても綺麗ですね。

小生は百名山の一つとして2008年5月に同じルートをツアーで登りました。
コシアブラとマガリタケを採りながら行ったら一行の最後になった記憶あります。
近くに山のある方は羨ましい。 
2013年01月14日 06:42
みっちゃん、おはようさん♪
荒島岳、ブナの霧氷がホントに綺麗です!
結局、登山者はスキーとスノーシューだけで、
ワカンはみっちゃん1人だったのかな?
最近はスノーシューばかりだもんねえ...

下りは難所があるので気が抜けないですよね。
無事下山できて、良かった良かった!

雪がもうちょっと積もったら、今度は
スキーで小荒島に行きましょう♪
2013年01月14日 08:24
Akitakenkenさん、おはようございます♪
荒島岳はブナの新緑の頃もいいですね。百名山にしてはやはり地味な山かもしれませんが、いかにも山!って感じで私は好きです。地元なので何度も登っていますが冬に登ることが多いです。山菜など採りながら登るのも楽しそうですね。
2013年01月14日 08:36
YAMAさん、おはようございます♪
登頂したのはワカン2名、スノーシュー2名、つぼ足2名でした。スキーの人たちは餅壁付近までだったみたい。福井の急峻な山には小回りの効くワカンの方が合っていると思うんですけど・・軽いし。でも見た目カッコいいのはスノーシューです(^^)
雪の荒島には12月、1月、3月、4月に登っています(2月はまだ)。今から5年前のちょうど今日、ここでとても重要なバッタリがありました(^^)(^^)
スキーで小荒島、楽しみです♪
しょもも
2013年01月14日 16:59
雪の荒島岳いいですね~。
ブナの霧氷も山頂のエビのシッポも素晴らしいです。

私が登ったのは6年前の5月なので忘れちゃった(^^;
そろそろ2度目、雪の餅ガ壁を登ってみたいところです。

2013年01月14日 17:33
みっちゃんへ
お久しぶりです。 おっ 荒島岳という題名をみてうれしくてコメントです。
「荒島岳はやっぱり雪の季節」ですか… 確かに美しい!
一昨年秋(10月)に歩きましたので、いつかは冬にと思っています。
昨年より、妻と山歩きを始めました(引きずり込んだ)。白山や別山、もちろん荒島岳も歩けると良いな~っと思っています。
2013年01月15日 21:00
しょももさん、本読みと山歩きさん、こんばんは
雪の荒島岳、霧氷のトンネルをくぐったあとは遮るもののない稜線歩きです。大変危険なところもあり歩行時間も長く、ある程度の経験者向きの山だと思われます。私も登山歴は10年ほど、まだまだ充分な経験があるとは思っておらず、いつも慎重を期した山歩きを心がけています。天気の悪い日に山へ行くのは控える、過信はせず、ピークには拘らず、安全には十二分に気を配り、楽しい山歩きをこれからも続けていくために、再び基本に戻って山と向き合いたいなと思います。
昨日の荒島岳での遭難死亡事故を受け、このようなコメントにさせていただきました。お二人様宛コメントで失礼いたします。

テーマ別記事

過去ログ