上高地から前穂・奥穂・涸沢 周回

穂高をぐるっと日帰り周回


◆前穂高岳・まえほたかだけ・3,090m・長野県◆

◆奥穂高岳・おくほたかだけ・3,190m・長野県/岐阜県◆


                                2016年8月14日(日) 《YAMAさん 私》


【行動時間 約14時間(休憩含む)】
小梨平キャンプ場(前泊)(3:10)―河童橋―岳沢小屋(5:25)―重太郎新道―紀美子平(7:45)(7:50)―前穂高岳(8:25)(8:35)―紀美子平(9:00)―奥穂高岳(10:40)(10:55)―穂高岳山荘(11:30)(11:40)―ザイテングラード―涸沢ヒュッテ(13:10)(13:20)―横尾(15:15)―徳沢(16:05)―明神(16:40)―小梨平キャンプ場(17:10)


(私のテント(左)とYAMAさんのテント)
画像


早朝出発したいため前日に上高地入り
ミニ宴会して早々におやすみなさい
久しぶりのテン泊に興奮してほとんど眠れなかったけど頑張って行きましょう
真っ暗闇の中を歩いて岳沢小屋手前でようやく明るくなりました

画像


(岳沢小屋)
画像
(YAMAさん画像ご提供)


(トリカブト)
画像


(ハクサンシャジン)
画像



画像
(YAMAさん画像ご提供)


画像


登り始めはガスガスだったけど、次第に青空になりテンションアップ
重太郎新道の急な登りで振り返ると高度感が凄いです
雲海の上に先週登った乗鞍岳が浮かんでいます

画像



画像
(YAMAさん画像ご提供)


画像


(トウヤクリンドウ)
画像



画像
(YAMAさん画像ご提供)


重太郎新道は以前歩いたことがあるけれどこんなんだったかな?
なかなか険しい道をぐんぐん高度を稼ぎます
ぽつぽつ咲いているお花が可愛い

(イワギキョウ)
画像



画像
(YAMAさん画像ご提供)


画像



画像
(YAMAさん画像ご提供)


画像


(バックは奥穂高岳)
画像


一枚岩の鎖場を登るとたくさんの人で賑わう紀美子平
ここから前穂高岳を往復します
絶対に落石を起こさないよう慎重に

画像



画像



画像



画像
(YAMAさん画像ご提供)


以前は前穂はスルーしているので今回が初登頂
1等三角点が設置されている山頂からはさすがに見事な展望です
どこからでもやっぱり槍ヶ岳を探してしまうな~

画像



画像



画像


前穂の細長いピークで展望を楽しんだあと紀美子平に戻ります
これから向かう奥穂周辺の荒々しい岩壁に圧倒されます
厳しいトラバースが続くけれど、鎖など安全確保するものはほとんどありません

画像


(ウサギギク)
画像



画像



画像


(バックは前穂高岳)
画像



画像
(YAMAさん画像ご提供)


画像


長い鎖場を過ぎると奥穂南峰
奥穂高岳の山頂は目前です
やっと長い登りから開放される~嬉しい

(ジャンダルム)
画像



画像



画像
(YAMAさん画像ご提供)


奥穂高岳は2度目の登頂
お天気にも恵まれ最高の日です
狭い山頂は大賑わい

(涸沢岳(手前)と槍ヶ岳)
画像



画像



画像


(イワツメクサ)
画像


(涸沢岳の山頂に人が見えます)
画像



画像



画像


穂高岳山荘まで下りてひと安心
休憩したあとザイテングラードから涸沢に下ります
ちょっと雲行きが怪しくなってきました

画像



画像



画像


(前穂北尾根)
画像



画像


涸沢で生ビール飲みたかったけど、上高地最終バス(6時)の時間が気になるのでガマンです
横尾を過ぎ徳沢まで来て地図を広げコースタイムの最終チェック
あと1時間ほどでキャンプ場に着くかなと思っていたのが、コースタイムは2時間になっているでは!
張りっぱなしのテント撤収しなくちゃいけないし、間に合わないよ、急げ~!!

画像



画像


疲れた脚にムチを打って早足で歩き、コースタイムの半分でキャンプ場に到着
バスの時間には何とか間に合い、無事の下山となりました
最高に疲れたけど、楽しかった♪










この記事へのコメント

2016年08月15日 20:00
昨日はありがとうございます♪
天気予報が良い方に大ハズレでしたね(^^)/

それにしても、重太郎新道の途中から奥穂高までは
緊張の連続でした。高度感がすごかったです!

帰りは長かったです。安易な気分で徳沢まで
下りましたが、その後が大変でした(苦笑)

脚が棒になるって、まさしくこの日のこと(汗)
次は優しいところでお願いします~

Ichi
2016年08月15日 20:45
みっちゃんこんばんわ(^^)
14時間で上高地・前穂・奥穂・涸沢の周回、流石です。
先月、私も重太郎新道から槍までの縦走を計画してたけど、雨天のため越後駒と巻機山に変更し登っれていないので、羨ましい限りです。

土曜日に白山に行って来ましたが、夏の花は完全に終わり、マツムシソウやイワギキョウなど秋の花のみで、弥陀ヶ原のコバイケイソウなどの葉っぱの端が茶色くなってきており、五葉坂から見ると草紅葉になりかけてました。
また、千蛇ヶ池の雪もかなり減り水面も出て来てしまったので、泰澄が雪に閉じ込めた蛇が出てきて、御宝庫が崩落しちゃうかも?

では、また !(^^)!
2016年08月16日 08:35
YAMAさん、おはようございます♪
日曜日はありがとうございました。北アのロング周回楽しかったですね。けど総距離約28kmはやっぱり長かったです。最後の林道早歩きで脚が攣りそうでした(^^; こんな大変なのにもお付き合いいただいて、先生にはほんとに感謝です(^^)

高度感が凄かったですね。怖いというよりも、落石を起こさない、遭わないようにするのに気を使いました。たまにああいうところを歩くのも刺激的でいいですね(笑

行きたいコースは色々あるのでまたよろしくお願いいたします。
2016年08月16日 08:49
Ichiさん、おはようございます♪
標準CT15時間のコースなので13時間以内で歩けるかと思っていたんですが、場所が場所なのでそんなに時間短縮は出来なかったです。予想以上のお天気に恵まれ気持ちよく歩けました。最近は一般道でもヘルメット被ってる人が多くなりましたね。

白山も秋の気配なんですね。紅葉見頃の季節になったらまた白山詣でに出掛けたいです。今年は暑かったし台風の影響も今のところ無いから、紅葉は期待大ですね(^^)
コウちゃん
2016年08月16日 10:12
すごいコースに僕はへなちょこコースを
アップしようか戸惑っています(汗)それでもヘロヘロでしたが。

3時10分ではアカンダナゲートが3時30分開きなので会えなくて
当然ですがザンネンでしたよ。でも山頂で山ガールにみっちゃん
ポーズを伝授してきました(もう少し真直ぐ・・・足は60度に・・・)
そのうちドコかのブログで見られるかも笑

天気が結構良かったのでラッキーでしたね、
でも次の日は天気予報通りでただ下るのみでしたが涙
そして今日は足は大丈夫みたいですが肩が筋肉痛です笑
2016年08月16日 21:12
コウちゃん、こんばんは♪
お隣の山にいらしたんですね。日曜日はほんとお天気良くて最高でしたね。お会い出来ず残念です、というかあんなところでお会いしたらかなりビックリですけれど(笑 みっちゃんポーズの普及活動?お疲れ様です(^^;;

横尾からの道はやっぱり急なんですね。北アの稜線でテン泊羨ましいです(^^)
やまや
2016年08月16日 22:04
みっちゃん こんばんわ~

このコースを一日で歩くとはスーパーマンでも悲鳴を上げるのでは?。
凄いとしか言いようが無い。
みっちゃもYAMAさんも、もはや仙人以上ですね。
(羨ましい体力)ほんの少し分けてください。
2016年08月17日 11:40
13・14は、私も小梨平で家族キャンプしてたんですよ~
私達は川沿いでしたが、お二人は登山道沿いの方ですね。
周りは夜遅くまで騒がしかったのでは(笑)

小梨平前泊で日帰り北アも良さそうですね!
と言っても、いまの脚力じゃどこもムリかも(いまだに白山のダメージが!)
本気で危機感を覚えたので、ちょっと鍛えます!!
2016年08月17日 13:59
やまやさん、こんにちは♪
横尾からの下り11kmが長すぎて辛かったです。右側に見えている明神岳の景色がいつまで歩いても変わらなくて(^^; 脚の裏が痛くなりました(汗 日帰りでは私たちに出来るギリギリのラインですね(笑
久振りの穂高で楽しかったです♪ 

2016年08月17日 14:12
ヨウメイさん、こんにちは♪
午後3時ごろにキャンプ場に着いてテント設営したあと、キャンプ場のお風呂の前のレストランで生ビールやワインなど飲んで宴会してました(笑 川沿いのテントサイトの横も通ったんですが、案外気がつかないもんですね。つーか、翌日家族に留守番しててもらって一緒に山に行けたかも!(笑

小梨平は雰囲気のいいキャンプ場ですよね。北アに日帰り周回出来るコースはほかにいろいろあるのでまた一緒に行きましょう。あまり鍛えられると困っちゃうのでほどほどにね(^^)
yoshi
2016年08月18日 11:55
いやはやお二人ともタフですねー。遠征羨ましいです。
2016年08月18日 20:26
yoshiさん、こんばんは♪
いえいえyoshiさんに比べたらこんなの子供の散歩です(^^; またまた凄いことをされたみたいでyoshiさんの体力が羨ましいです(^^)

テーマ別記事

過去ログ