城山から朝倉氏遺跡 (MTB)

登って下ってまた登る・・ハードな自転車周回


◆城山・しろやま・福井県・404m◆


                          2011年4月24日(日)YAMAさん Fumiさん ヤスジロウさん 私》





先週に続きドキドキ緊張の2度目のライド
今回は山岳エキスパートのヤスジロウさんを合わせ計4人
北鯖江に集合したあと戸ノ口トンネルへ向かいます


トンネル手前から右手の林道をうねうねと登っていきます
みんなは私に合わせかなりのローペースだと思われるけど
それでも付いていけず前回同様マイペースのカメ足走行・・


そのうち慣れるとはいうけど「そのうち」っていったいいつ?
どこまでも続く長い坂道同様、それは果てしなく遠い先のことに思えてきたりして・・
でも、登山や山スキーの登りもそのうち慣れた


林道からいよいよ山道へ入っていきます
階段を押し歩きで登って稜線へ上がると私にも乗れる楽しいシングルトラック
乗ったり押したりと忙しいけど山の上を自転車で走る何とも言えない爽快感
子供のころ自転車で色んなところを探検したあのワクワク感・・楽しい


画像
(Fumiさん画像ご提供)



画像
(YAMAさん画像ご提供)



画像



画像



楽しい区間はあっという間に過ぎ押し歩きで少し登って城山山頂(404㍍)到着
これから向かう朝倉氏遺跡方面の景色がよく見えました
しばらく休憩したあと金谷トンネルへ向かい反対側の道を下りていきます


画像
(YAMAさん画像ご提供)



画像
(YAMAさん画像ご提供)



乗ったり降りたりしながらシングルトラック、そして林道へ
上り坂になると途端にパワー不足のフラフラ走行
MTBにまだライトを付けてないので暗いトンネルではFumiさんが私の後ろを走ってくれました♪


画像
(Fumiさん画像ご提供)



画像



山間の道を緩やかに(私にはキツイ)登っていくと一乗滝
マイナスイオンを浴びたら気分も一新、ちょっと元気が回復しました
朝倉氏遺跡までのサイクリングが楽しかったです


画像



画像



画像



微妙に異なるピンク色がとても綺麗な桜並木でした
遺跡の正面に建つ唐門と置かれた自転車が時空を超えた面白い風景
みんなそれぞれ戦場カメラマンです。。


画像



画像



画像
(Fumiさん画像ご提供)



みんなは何やらご相談
「みっちゃんが大丈夫かなあ」とYAMAさんにご心配していただきましたが
いつものとおり行くことになりました(汗
栃泉に向けて山をひとつ越えます・・


画像
(YAMAさん画像ご提供)



画像



長い階段をみんなの真似してちょっとだけ担いで登りました
10㎏のザックはどうってことはないけど10㎏の自転車は重すぎる(汗
誰か持ってくれないかなぁ(持ってはくれない)
押し歩きでやっと分岐地点に到着
周辺にはカタクリやショウジョウバカマなどが咲いていました


画像
(YAMAさん画像ご提供)



その後は乗ったり降りたりたまに転倒したり・・を繰り返しながら山道を下りました
のんびり・ゆっくりだけどやはり下りの方が楽しいです
しばらく山際の平地を走ったあと今度は榎坂手前の林道を峠に向かっての登り
登って降りて登って降りて登って・・この人たちどれだけ坂道好きなの!?


画像
(YAMAさん画像ご提供)



画像



岩題目の大岩を見たあと更に押し歩きで登って文殊山の分岐地点へ
自転車を置き(ヤスジロウさんだけ担いで)カタクリの咲いている付近まで登ります
もう新緑が始まっていました


画像
(YAMAさん画像ご提供)



画像
(Fumiさん画像ご提供)



途中でヤスジロウさんとお別れ
エネルギッシュでパワー溢れるヤスジロウさん、MTBを自由に操る姿がとてもカッコよかったです
私のバイクに乗っていただいてありがとうございます!




その後、3人でいい感じのトラックを順調に下りてあっという間に大正寺前に到着
楽しい区間はすぐに終ってしまいます
あとは集合場所の北鯖江まで戻るだけ、と思っていたら
「最終目的地はあそこだからね~♪」とYAMAさんが指差した先は更に「山(汗)」




四方谷から吉谷へと抜ける峠までの道は激坂でした
Fumiさん曰く、「坂道が無いと物足りない」のだそうです
二人は好きにさせておいて私はゆっくり押し歩き。。


画像



峠のニリンソウがとても綺麗でした
自転車で坂を登るのがこんなにキツイなんて・・予想以上に大変な世界です
でも始めてしまったからには楽しみたいな



今日も充実したひとときをありがとうございます☆












"城山から朝倉氏遺跡 (MTB)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

テーマ別記事

過去ログ