涸沢から北穂・涸沢岳周回 <中編>

ジャンダルムにも似た北穂ドーム・・



画像



垂直のような岩肌に取り付いている人の姿が見えました
あんなとこ登れるのかな・・
心配になったけどその手前にある岩場の稜線の方が怖かったです
岩は雨で濡れていて滑りやすくなっているため最大限の注意を払います


画像



画像



ドームは岩棚を巻くように登り、その後鎖で急降下
スタンスの超狭いところで肝を冷やしてみたり
一瞬も気を休ませてくれない危険な場所が延々続きます
緊張で喉が渇いてきました・・


画像



画像



画像



小雨が降り続いています
景色を見るのも写真を撮るのも安定した場所にきちんと停止してから
歩きながら他のことをしない
考えなくてもそれが出来ることが大事なんだと思います
足下は1,300㍍切れ落ちてる奥壁バンドのトラバース・・今日はガスで下が見えなくてよかった。。


画像



画像



画像



画像



画像



安全な場所で前後にいた方たちとお花の撮影会
緊張で引き攣っていた顔もこの時はみんな笑顔でした
お花に癒されるとはこういうことなんだなぁと。。
最低コルで北穂~穂高山荘までの約半分の距離です


画像



画像



画像



画像



涸沢槍は山頂は通らず巻いて進みます
急な斜面で長い鎖や梯子の連続、岩を掴んで体を引き上げるところ多数
私がこれまでに経験したことのないとても厳しいルートです
涸沢岳付近ではこの前日にも事故が発生していて更に緊張・・


画像



画像



画像



画像



涸沢岳の山頂が近づくとようやく少し落ち着ける道になりました
南峰からここまで約2時間、緊張の連続で時間はそれ以上に長く感じられました
午後から雷予報が出ているので長居は無用
山頂から穂高山荘に向けて歩きやすい道を下っていきます


画像





後編へ






"涸沢から北穂・涸沢岳周回 &lt;中編&gt;" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

テーマ別記事

過去ログ