木ノ芽峠~栃ノ木峠~玄蕃尾城~池河内湿原

MTBで歴史探訪の旅、色んな所へ行ってきました



11月5日土曜日はYAMAさんゲンゴロウさん、私の3人でMTBツーリングです
6時半に鯖江某所に集合、初対面のゲンゴロウさんとご挨拶を交わしたあと
一台の車で今庄365スキー場へ向かいます



シーズンオフのガランとした駐車場に車を停め準備をして出発
ゲレンデ内の急坂を木ノ芽峠方面へ向かって登っていきます
必死でペダルを漕ぐけどすぐに離されてしまい、分岐で道の選択を誤ってしまいました
途中で気付き引き返したけどお二人が心配して迎えに来てくれました
その後も優しく偉大なお二人に助けられながら進むことになります。。


(言奈地蔵堂)
画像



地蔵に悪事を見られた馬子が「地蔵言うなよ」と言ったとされる「言奈(いうな)地蔵堂」
茅葺屋根が素敵な雰囲気です
そこから山道をしばらく走っていくと予定どおり(?)犬が吠える声が聞こえてきます


画像



画像


(木ノ芽峠)
画像



石畳が古道の雰囲気を色濃く残しとても素敵な場所です
放し飼いの犬は吠え続けているけど近寄ってくる様子はなく一安心。。
次に向かったのは福井県と滋賀県の県境にある栃ノ木峠です
その名のごとく付近には栃の大木がありました


画像



そこから舗装道をしばらく走り柳ヶ瀬からいよいよ山道へと入っていきます
色んなところへ行けるのは楽しい!
けどその為には数々の苦行を乗越えなければなりません
楽あれば苦あり・・楽は少し、苦がほとんど(汗


画像



画像



画像



画像



時々倒木があるので乗り降りを繰り返しながら雰囲気のいい道を進みます
着いたところは倉坂峠
ここから急な階段を登って玄蕃尾城(げんばおじょう)という所へ向かいます
か弱いため重い荷物を担ぎ上げるのは至難の業!


画像



画像



尾根に上がるとまた素敵な風景が待っていてくれました
玄蕃尾城は賤ヶ岳の合戦の際、柴田勝家が本陣とした陣城とのことです
お城こそ残ってはいないけど縦横に駆け巡るお堀が当時の戦を思い起こさせます
広い場所で休憩したあと次に向かいます・・


画像



画像



画像



画像



山道を下りまた舗装道を進みます
緩いけどじりじりと長い上り坂は堪えます
下り坂では調子がいいけど上り坂になるととたんにパワーダウン・・
上り坂はキライ


画像



画像



画像



着いたところは池河内湿原
湿原に続く木道がとても雰囲気ある素敵なところです
ここを自転車で散策・・
誰にも会わず静かで落ち着いた場所でした
新緑の季節に訪れるのも良さそうです

(ゲンゴロウさんはバランス感覚バツグン↑↑↑)
画像


(私はこのあと危機一髪↑)
画像


(YAMAさんはこのあと悲劇↓↓↓)
画像


(上手いです↑↑↑)
画像



楽しい湿原散策のあとは再び苦行が待っています
「木ノ芽峠まで2.6km」の看板にゲンゴロウさんは「近いねぇ~~!」
この疲れ果てた状況で2.6kmも坂を登り続けるなんてありえないんですけど・・(汗



ありえなくても誰も助けてはくれません
やがて天気予報とは違って早くも雨が降り出したけど濡れるのなんてお構いなし
今はただこの坂が早く終るように頑張るだけ
どんなに長い山行でも大丈夫な私の脚が悲鳴を上げています・・


画像



乗ったり降りたりの一人旅だったけど時々YAMAさんが待っていてくれました
やっとの思いで峠付近に辿り着き、ラストは駐車場に向かってゲレンデ内の道を豪快ダウンヒル!




今日も楽しく充実した一日でした
相変わらず上り坂は苦手だけど
こうしてMTBで色んな場所を巡る旅もとても面白いです
身近にもまだ私の知らない興味深いところがたくさんあるのですね
YAMAさん、ゲンゴロウさんに感謝です・・




帰って体重計に乗ってみると1.5㎏の減!
登山は痩せないけど自転車は痩せられるかも。。









"木ノ芽峠~栃ノ木峠~玄蕃尾城~池河内湿原" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

テーマ別記事

過去ログ