文殊山トレイルランニング

トレランにチャレンジ



◆文殊山・もんじゅさん・福井県・365m◆


                                      2013年3月15日(金) 《単独》

【行動時間 1時間17分(休憩含む)】
大村登山口(12:42)―大文殊(13:20)(13:37)―大村登山口(13:59)





今日も快晴
日増しに春の到来を感じるようになり家の周りの雑草も一気に芽吹いた(汗
2時間ほどそれらを引っこ抜いたあと昼食を済ませ出発
大村登山口の駐車場には意外にも5、6台の車有り



背負ったチビザックの中はお茶と携帯とカメラのみ
ザックも軽いけどおニューのトレランシューズが頼りなく思えるほどに軽い
時間把握のため登山口の写真を撮ったあとそろそろと走り出す
が、思ったとおり、長くは続かない

画像


トレイルランナーはこの程度の登り坂はずっと走ってるんだろうか??
やや平坦なところだけ走るよう努め、あとは無理せず歩くことにした(汗
大村コースは道幅広く良く整備されており、傾斜も緩やかでトレランには向いているコースだ

画像


人気の山は今日も多くの人が登っていて、ヨタヨタ走ってる時にすれ違うのは少し恥ずかしかった
歩きはやや早足で歩くようにしたけど脚は意外とよく動いた
ザックが背中で揺れるのが少し気になった

画像



画像


(ASICS LADY GEL-FujiElite)
画像


真っ白な白山・・こうして眺めると白山と別山はかなり離れているように見える
昨年はよく歩いたなぁ・・なんて思い出に浸りながら山頂でゆっくりしようと思ったけど
寒くなってきたので早々に下山、体の冷えは大敵だ
さぁ、下りはどうだろう
通常の登山に於いて下山で走ることはたまにあったので期待は持てる

画像


登山道の起伏に意識を集中しながらゆっくり目に走っていく
少し急なところになると加速が付いて怖いので更にゆっくりと走る
シューズのグリップはよく効いた


ザックの中の携帯のサイドボタンが何かに触れているらしくピーピー煩い(汗
止まって携帯の位置を直したけど、
山頂から登山口まで立ち止まったのはこの1度だけだった
あとはノンストップで走り続けていられたのには自分でも驚きだった
ひょっとして20分を切っているかも!と期待したけど時計を見ると22分で少し残念だった


トレランの醍醐味は下りを怒涛の如く駆け降りることにあるらしい
複雑な脚運びやペースコントロールが必要になりそうだけど
私の場合はゆっくり景色を楽しみながら、低山の遊び方のひとつに加えたい・・そんな程度


それにしても踵が痛い・・
走り方については少し勉強しないと





"文殊山トレイルランニング" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

テーマ別記事

過去ログ