白山 湯ノ谷

ロングコースで美しい谷と滑りを楽しむ♪


◆白山釈迦岳・はくさんしゃかだけ・石川県・2,053m◆


2013年4月28日(日) 《YAMAさん Takagiさん Nakanisiさん Isodaさん Kojiさん Yomeiさん Tanakaさん 私》


【行動時間 約12時間15分(休憩含む)】
市ノ瀬(5:00)―別当出合(6:15)―甚ノ助避難小屋(8:50)―室堂(11:00)(11:20)―翠ヶ池付近(12:15)―湯ノ谷―白山釈迦岳(14:05)―丸岡谷―釈迦岳登山口(15:45)―市ノ瀬(17:15)




持参したシューズで市ノ瀬から車道歩きです
担いだ板と兼用靴の重さに耐え、1時間15分ほどで別当出合到着
兼用靴に履き替え、最初の難所は踏み板の無い恐怖の一本橋
凍っていたのでかなり緊張しながら渡ったら肩が凝りました
急な石階段は積雪があり滑らないようゆっくり登ります
石段を登り終えたところからシール歩行開始

画像


(赤兎山~大長山~取立山)
画像


季節外れの降雪にてリセットされた雪景色がとても綺麗です
中飯場のトイレはまだ半分雪に埋もれていました
尾根に乗り上げ雲ひとつ無い青空の下、気持ちよく登っていきます

画像



画像



画像


霧氷がとても綺麗
甚ノ助小屋は屋根の一部だけ見えていました
小休憩の後エコーラインから室堂を目指します
別山もまだまだ真っ白!

画像
(YAMAさん画像ご提供)


画像



画像


(別山)
画像


エコーライン途中から風が強くなってきたのでヤッケ着用
少し登ると更に風は強くなり、その上からハードシェルを着込みました
今日は北風にて向かい風の攻撃を受けながら室堂へ向かいます
頭上をヘリコプターが通り過ぎました

(御前峰)
画像



画像
(YAMAさん画像ご提供)


(わーい♪)
画像


室堂で別山をバックに記念撮影♪
山荘はまだ2階の屋根部分しか見えておらず積雪量は多いです
山荘前には除雪用の重機が置かれており、先ほどのヘリが運んできた模様
ここにもいよいよ春の訪れですね

画像



画像
(YAMAさん画像ご提供)


御前峰の肩に向かって登っていきます
途中でクトーを装着する間も吹き飛ばされそうな強烈な風と、氷の粒の顔面攻撃!
辛い時間帯でしたが何とか頑張って肩に到着・・

(大汝峰)
画像


(剣ヶ峰)
画像



画像



(御前峰)
画像



画像
(Yomeiさん画像ご提供)


画像
(Takagiさん画像ご提供)


翠ヶ池付近は風も無く穏やか
集合写真を撮ったりしてくつろぎます
御前峰山頂で手を振っている人の姿が見えました
休憩のあといよいよ滑降開始

画像
(YAMAさん画像ご提供)


画像


広大斜面でパウダーがとっても気持ちいい!
しばらく滑っていくと谷は少しずつ狭まり、やがてU字状の谷になりました
景色と滑りを楽しみながら進みます
(動画はコチラ
そしてシールを貼って釈迦岳への登り
この付近の雪景色もとても綺麗でした

画像
(YAMAさん画像ご提供)


(背後は四塚山)
画像


(四塚山~大汝峰~御前峰)
画像



画像


(加越国境の山々)
画像


釈迦岳山頂は360度の大展望でした
シールを剥がして丸岡谷へ滑っていきます
下りていくにつれ雪質は変化
滝の横の急斜面は何とかクリア(汗

画像
(YAMAさん画像ご提供)



画像



画像
(YAMAさん画像ご提供)


画像



画像


広い台地は迷いやすそうです
釈迦岳登山口に到着してほっと一息ついたのもつかの間
恐怖の雪壁が今日最大の難所です(汗
長い林道は意外と下まで雪が繋がっていました


長く楽しい一日に感謝です。。


動画はコチラ・・  YAMAさん編集動画





"白山 湯ノ谷" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

テーマ別記事

過去ログ