文殊山トレイルラン

大村登山口から山頂往復♪


◆文殊山・もんじゅさん・福井県・365m◆
 

                                         2013年6月3日(月) 《単独》


【行動時間 1時間11分(休憩含む)】
大村登山口(11:48)―文殊山(12:23)(12:37)―大村登山口(12:59)





飲み物を持ってくるのを忘れ慌てて近くの自販機で購入しました
大村登山口の駐車場には1台も車無し(汗
準備のあと看板のところから計測開始



6月もお昼ごろになればもう真夏の暑さ
走り出せばすぐに汗が噴出しいつも以上に辛いです
それでも何とか頑張って、走ったり、歩いたり、歩いたり、、、
やっぱり歩く方が多い(汗
走るとザックが大きく揺れるのがやはり気になります


画像



二上との合流地点までが遠く感じます
緑のトンネルが綺麗
登り坂ではお尻やハムストリングなど太腿後ろ側の筋肉を使った登り方が良いとのこと
一般の登山においてもこの動作が出来ている人は速く登れるのだそう
もう少し楽にスッスッと登れるようになりたいなぁ
間違っても「よっこらしょ、どっこいしょ」と言わないように(汗


画像



小文殊や展望台では木陰で休んでいる人たちがいました
脚が攣りそうになりながら最後の急坂を登って山頂
春霞で白山は見えず残念。。


登りの所要タイムは35分、2回目の今日は前回より3分早かったです
結構歩いていたのでもう少し頑張ればタイム的にはまだ縮まる感じ
けれどそれがなかなか難しいんだなぁ
誰もいない山頂のベンチで景色を見ながらボーッ・・
しばらくしたら急に寒くなってきたので下山です


画像



下りは爪先から着地するイメージ
忍者みたいにふわりと着地し、全身を使って膝へのダメージを少なくするのが良いとのこと
簡単そうでなかなか難しいけどそんなことを考えながら、
且つ路面状況にも注意しながら走っていきます、下りは好き
なんかグネグネした木の根が出ているなぁと思ったら、、、ヘビっ!(汗


画像



ヘビは必殺大股開きで難を逃れたけど、そのあと本物の木の根につまずき危機一髪(汗
下りは転倒が怖いです
その後も注意しながらゆっくり走り続け、下り所要タイム22分で登山口到着
なかなか20分の壁は越えられない。。


画像



運動後のストレッチがいいと聞いたので、
身体を伸ばしたりして軽~くストレッチしたあと帰宅しました






"文殊山トレイルラン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

テーマ別記事

過去ログ