奥飛騨・ソウレ谷

ナメ滝天国と滝巡り(初心者講習付き)


◆沢上谷・そうれだに・岐阜県・高原川水系◆

                 
                           2016年9月11日(日) 《ヨウメイさん kojiさん Yさん 私》


【行動時間 約5時間25分(休憩含む)】
入渓地点(7:30)―五郎七郎滝(8:00)(8:05)―岩洞滝(9:15)(9:20)―簑谷大滝(9:55)(10:10)―林道クロス(11:30)(11:45)―駐車地点(12:55)




3年ほど前から行ってみたかったソウレ谷
美しい滝とどこまでも続くナメが有名な初心者向けコースです
といっても沢登りは危険が一杯、
今回は沢登りのエキスパートの皆さんと一緒なので心強いです

画像



画像
(ヨウメイさん画像ご提供)


画像



画像


入渓地点からすぐに枝沢に入り、五郎七郎の滝を目指します
緩い傾斜のナメの所々に小さい滝
マイナスイオンを浴びながら気持ちよく歩いていきます

画像



画像


(五郎七郎の滝)
画像


どどーんと五郎七郎の滝、これが見たかった~
2本の滝が同じ所で出合う素晴らしい風景にみんな歓声
本流に戻る途中で懸垂下降を教えてもらい、このあとの本番に備えます

画像
(ヨウメイさん画像ご提供)



画像



画像



画像


ツルッと滑った拍子にカメラを落としてしまい、水の流れに乗ってカメラがどこかに(汗
みんなに水中カメラで探し出してもらいました
防水カメラは意外な使い方も出来ます(笑
水深約50センチのところに5分間浸かっていましたが、私の防水カメラも全然大丈夫でした

画像



画像



画像
(ヨウメイさん画像ご提供)


画像


(岩洞滝)
画像


次の枝沢を遡上すると岩洞滝
ここは滝の裏側も回ることが出来る裏見の滝です
滝の飛沫で寒~い

画像



画像



画像



画像


(簑谷大滝)
画像


やがて滝壺の大きな音が聞こえてくると簑谷大滝
白いヴェールを纏ったような美しい滝です
でも近づいてよく見ると何かオバケのような・・

画像


(やっぱりオバケです・笑)
画像


(廊下みたい)
画像


簑谷大滝の左岸に付いた急な巻き道を登ると黒部の廊下のような場所に出ました
ここから滝上までの急斜面をさっき習った懸垂下降で下ります
うぅ・・怖いけど面白い(笑

(kojiさんがまず最初に)
画像


(へっぴり腰の私)
画像
(ヨウメイさん画像ご提供)


(急です)
画像


懸垂下降は2回繰り返しました(30mの2ピッチ、という言い方?)
それにしても本当に凄いナメが続きます
まるでコンクリート舗装の道路みたい、車が通れるよ

画像



画像



画像


最後の滝は右側の残置フィックスロープを使って登りました
道路とクロスする所で沢登りは終了
あとは林道を歩いて駐車地点に戻ります


念願のソウレ谷で色々教えて貰ってとても有意義な一日でした
同行の皆さんには感謝です
あ~楽しかった。。


(荒城温泉恵比寿之湯)
画像



ヨウメイさん編集の動画です








"奥飛騨・ソウレ谷" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

テーマ別記事

過去ログ